株式会社一蔵 ,高度な技術で全国の大手スーパーなどから信頼されている兵庫、加古川の精米会社。らくらく米、無洗米。  >>プライバシーポリシー

   株式会社 一蔵 
お米を安心、安全な設備で精米し、お届けできる精米会社の一蔵です。



Q&A お客様からのお問い合わせの対応

お客様からのお問い合わせに対しては、詳しく経緯を聞き、お客様の声を大切に、
内容によっては、判定機・試薬による結果を迅速・丁寧にお客様にご報告し対応
させて頂いております。

過去1年間にあったお客様からの問い合わせ例
   1. コクゾウ虫が出ました。
   2. マダラメイ蛾が出ました。
   3. ご家庭での虫の発生率は?
   4. 臭い・米びつ清掃保管方法は?

    1.コクゾウ虫が出ました。

 無農薬や減農薬栽培で育てたお米の貯蔵中に虫が発生することがあります。
コクゾウ虫は気温が20度以上になると活発に繁殖します。 室外で新聞紙などの上にお米を広げて下さい、虫は逃げていきます。 直射日光で日干しをすれば小さな幼虫も死にます。
虫が見つかったお米を食べても問題はありません。コクゾウ虫が食べたお米はとぐときに水に浮きます。 
また、コクゾウ虫を間違えて食べてしまっても、衛生上問題はありません。
コクゾウ虫を発生させない方法は、鷹の爪(とうがらし)をお米びつのふたの裏側などにテープで貼ってください、においをいやがり虫がつきにくくなります。また、ニンニクを入れるのも効果的といわれています。
また、コクゾウ虫の動かない15度以下で保存できれば最高です。
一度発生した米びつは、良く洗って、日光消毒した上で新しい米を入れて下さい。


    2.マダラメイ蛾が出ました。

 マダラメイガは、お米のヌカや芽の部分に卵を生みます。生まれた幼虫は、黄白色に近い色をして、小さい芋虫の形態をしています。この虫は油脂分の含まれた食品を好むので、クッキー、チョコレートなどの各種菓子類やインスタント ラーメン、七味唐辛子など、家庭で保存されることの多い食品でも発生するので、近年は家庭害虫として も要注意種となっています。この虫の幼虫は購入時のお米の袋など食い破って中に入り込みます、購入した袋のままでの保管しないで下さい。取り出したお米は陰干しをし、その後、ザル等でふるい、虫や卵をすべて取り除きます。 幼虫が少ない場合は、よくといで食べて下さい。幼虫が多い場合は、衛生面から考えても食べない方がいいでしょう。 一度発生した米びつは、良く洗って、日光消毒した上で新しい米を入れて下さい。


    3.ご家庭での虫の発生率は?

 お米の業界では、おいしいお米ほど虫が涌くと言います。 お米を貯蔵中に薫蒸したり、薬品を玄米に混ぜておいて精米するとぬかと一緒に薬品が取り除けるという薬品もあります、それらは食べても安全だと書いてありますが、虫が付かなくなるものが安全でしょうか。
らくらく米はこのような物は一切しようしておりません、自然なお米です、ふつうのお米なら常温で1ヶ月もおいておけば虫が付きますので保存期間を短くし、15度前後で低温保管して下さい、また米びつの中にヌカがたまらないように毎回清掃し保管する。


    4.臭い・米びつ清掃保管方法は?

 お米の保存には、風通しがよく、涼しくて、暗い場所が適当ですが、今の家庭のキッチンの中には、この条件を満たすスペースが少ないようです。冷蔵庫で保管するのが最適、乾燥と臭い移りをシャットアウトさせる為、密封して出来れば野菜室がよいでしょう。お米を使い切ってから入れてください 米びつの内側には、お米のxなどが大量に付着していますので、お米は必ず使いきってから、新しいお米を入れて下さい。また新しいお米を入れる前には、一度容器をきれいに洗ってよく乾かしましょう。

Copyright (C) 2006 ICHIKURA CO.,LTD All Rights Reserved.
プライバシーポリシー